壁掛けテレビ設置後の『こうしておけばよかった、、』

壁掛けテレビのたくさんの写真

壁掛けテレビ設置後の、こうしておけば良かった、、

HDMIケーブル

壁掛けテレビを設置して配線を壁の中に隠蔽、レコーダー用にHDMIケーブルを1本隠蔽しております。その後ゲーム機を購入してゲーム機をテレビへHDMIケーブルにて接続する必要がございますが、隠蔽したHDMIケーブルはレコーダー用のHDMIケーブル1本のみでしたのでゲーム機のHDMIケーブルをテレビへ接続する場合はHDMIケーブルが露出になってしまいます。

壁掛けテレビの配線が露出になっている写真

 

そのまま接続すると写真のようにせっかくの『壁掛けテレビ   隠蔽配線 』が台無しです。ご自身で配線を隠蔽するには、壁掛けテレビを一旦外してコンセントを分解、新たに配線を挿入する必要がございますが、テレビも大きいですし、コンセントを分解等  、大変難しいのではないかと思います。『HDMIケーブルもう1本通しておけばよかった、、』(´・ω・`)

壁掛けテレビを設置する場合は、将来を見据えて予備として1本または2本、テレビ側のHDMI入力が4ポートあれば4本、予め隠蔽配線しておくことをお勧めいたします。

取り急ぎの対策をお知らせいたします。1本のHDMIケーブルへ『HDMIセレクター』を接続する事で何台も機器をテレビへ接続する事が可能です。壁掛けテレビへ接続するセレクターの配線図面

こちらの方法で対応していただければ壁掛けテレビへHDMIケーブルを1本だけのみ接続している状況でも『HDMIセレクター』を経由する事で複数の機器をテレビへ接続する事が出来ます。

 

外付けハードディスク

角度固定タイプの金具を使用して壁掛けテレビを設置いたしました。角度固定タイプでテレビを壁になるべく寄せて設置したかったので、壁とテレビ背面との隙間が23mm程度しかございません。その後外付けハードディスクを設置したくなりまして、録画用のUSBポートを確認してみると、テレビ背面に録画用のUSBポートがありました。背面のUSBポートにケーブルを差し込みたいけど隙間が小さくて手が入らない、、、『壁掛けテレビ設置する時に一緒に接続してもらえばよかった、、、』

壁掛けテレビ背面と壁との隙間の写真

角度固定タイプの壁掛け金具の場合、壁掛けテレビ背面と壁まで23mmです。

壁掛けテレビ背面のUSBポート

東芝REGZAの録画用USBポートはテレビ背面にございます。壁掛けテレビ設置前にUSBポートの位置を確認していただければと思います。隙間が薄い壁掛け金具を使用する場合は後から接続する事が難しいので、設置する時に接続しておきましょう。

どうしても背面のUSBポートへ接続したい場合は一旦テレビを外す必要がございますので、『後で外付けハードディスクを取り付けよう』と思われている方は予め確認が必要です。

殆どのテレビは側面に録画用のUSBポートがありますので、壁掛けテレビ設置後でも接続する事が出来ます。

また、外付けハードディスクは電源を差し込む必要が無いポータブルの物がお勧めです。通常の外付けハードディスクの電源コードには大きなACアダプターが付いておりますので、テレビ背面隙間にあるコンセントへ取り付ける事が困難な物もございます。

外付けハードディスクのACアダプターの写真