HDMI埋め込み端子について

HDMI埋め込み端子の写真

壁掛けテレビ施工の際に床に置いていたテレビボードは撤去し、床側には何も置かないように設置しましてゲームやBlu-rayプレイヤーの使用頻度にもよりますが、『ゲームやBlu-rayプレイヤーは視聴する時だけテレビに接続する、終わったらしまう』というルールにされる方が多くいらっしゃいます。

しかしながらテレビ本体のHDMIの差し込み口は壁との隙間が狭く暗い為、毎回抜き差しするとなると大変煩わしく感じてくるかと思います。(。´・ω・)?

壁掛けテレビ背面と壁との隙間の写真

 

 壁掛けテレビ壁とテレビ背面との隙間

 

そのようなルールにした方にはテレビにゲーム機やBlu-rayプレイヤー、パソコンを接続するために床側の壁に『HDMIの埋め込み端子』を設置しておく事をお勧めいたします。

HDMI端子を設けることで、ゲームをする度にテレビ背面の暗くて狭いHDMI差し込み口へ度々ケーブルを抜き差しする必要がなく、床側の壁に設置したHDMI端子にさしこむだけでゲームやBlu-rayの視聴が出来て大変便利です。

 

HDMI埋め込み端子

 

因みに将来テレビボードを置くことになった場合でもHDMI埋め込み端子があれば再度HDMIケーブルを壁の中に隠蔽する必要も無く、テレビボードに収納されたゲーム機やBlu-rayプレイヤーも常時接続する事も可能です。(レコーダーを設置する予定がある場合はアンテナ端子も必要になります。)

 

あと電源コンセントも一緒に増設しておきましょう。

 

・HDMI埋め込み端子設置  4K8K対応  ¥7,150(税込)

・HDMI埋め込み端子設置  4K8K非対応  ¥5,500(税込)

HDMI 埋め込み端子と電源増設の写真