『スタイリッシュ』な壁掛けテレビと『そうでない壁掛けテレビ』の違い


壁へ設置、配線も隠してスッキリ見せる『壁掛けテレビ』。後悔しない為のポイントを、施工する側からお客様目線で考えてみました。

スタイリッシュな壁掛けテレビ

その名の通りテレビを壁に取り付けておりますので、お部屋のスペースを有効活用出来たり、テレビ周辺の配線をスッキリ見えなくすることで『スタイリッシュでおしゃれ』、より居心地の良い空間づくりが出来るのではないでしょうか。



スタイリッシュな壁掛けテレビとそうでない壁掛けテレビ

工事前に打ち合わせをしましょう。

壁掛けテレビの設置はテレビの薄型   軽量化によって病院  店舗  スポーツジムなど多くの商業施設や公共の施設、多くの個人宅にも普及しております。ただスタイリッシュでおしゃれな壁掛けテレビとそうでない壁掛けテレビもございますので後悔しない為にも設置前から考えていきましょう。

スタイリッシュな壁掛けテレビ

  • 部屋が広くなる

壁掛けにすることで大きくスペースをとっていたテレビボードの撤去も可能、

  • 配線が見えない

テレビの周りに配線も無くスッキリとした印象で、お部屋が広く感じられます。

スタイリッシュな壁掛けテレビの写真

 

そうでない壁掛けテレビ

一方でそうでない壁掛けテレビもございます。壁掛けテレビを設置する業者によって仕上がりや感じが大きく変わりますので注意が必要です。昨今当店では下記のようなのお問い合わせを多くいただいております。

  • 配線隠蔽をしてもらえず配線が露出している
  • 「配線は出来ない」と言い残して帰った、、、(゜∀゜;ノ)ノ
  • 壁掛けテレビは施工したけど、隠蔽配線をしていないので見た目が悪い
  • 子供が引っ張って危険。
  • 壁掛けテレビを施工したけど、床側のコンセント部分に配線が少し露出していて気になっている。
  • テレビボードの側面から既存のコンセントまでの間に電源やアンテナケーブルが露出している。

当店では昨今隠蔽配線のみのご依頼も増えております。

配線が露出している壁掛けテレビ

 
 

配線方法で決まる、スタイリッシュ性とインテリア性

スタイリッシュな壁掛けテレビにとって最も大切な隠蔽配線・コンセントの増設

壁掛けテレビ背面にコンセント増設

『スタイリッシュでインテリア性の高い壁掛けテレビ』は配線の露出のない、壁に『壁掛けテレビのみ』『壁掛けテレビとテレビボードのみ』の形です。

ライフプラスでの隠蔽配線は基本的に配線は全て『壁掛けテレビの背面』または『テレビボード背面』で完結します、『壁掛けテレビの背面』または『テレビボード背面』にコンセントを増設いたします

テレビボードの横からマルチメディアコンセントまでのケーブルも隠しましょう。

  • 更に床側にテレビボードを置いて、ゲーム機やレコーダーを収納される場合はテレビボードの背面にもコンセントを増設いたします。

TH-55GZ2000とローボード隠蔽配線の写真

 

テレビボード背面のコンセント増設の写真

 

隠蔽配線の方法は他のブログにてご案内しております

 

スタイリッシュな壁掛けテレビを提案してくれる業者の選び方

こちらではテレビ壁掛け工事を依頼する際、後で後悔しない為、良い業者を正しく選ぶポイントや注意点をご紹介いたします。

キャッシュレス決済の写真

信頼出来る業者さんを選びたい

  1. 価格差と作業内容は業者によって作業内容は同じでも価格差と仕上がりに大きな差がございます。
  2. 先ずはお客様ご希望の設置イメージを業者さんへ伝える事が大事です。相見積りによって合計金額や作業内容の詳細も業者に確認してください。特に配線が露出する部分は詳細の打ち合わせが必要です。
  3. またお客様の疑問に対して業者さんの対応のほうも納得の出来る業者選びのポイントの1つとなります。
  4. 『自社施工の業者』を選ぶ事もポイントとなります。自社施工の業者は、『工事は別の業者へ丸投げしている業者』に比べて、施工に対する責任感や作業の仕上がりも良く、お客様への対応もしっかりしているように思います。
  5. 自社のしっかりとしたホームページを持っている業者を選ぶ。経験が豊富で施工例や実績を実際の写真で掲載している事もポイントです。
  6. お支払い方法がクレジットカード決済対応の業者。手数料は工事店が負担する事となりますがキャッシュレス決済の中でも利用率が高いサービスで、お客様にてとってメリットが大きいサービスとなりますので、こちらも業者さん選びのポイントとなります。

 

壁面補強方法

壁の中に合板を埋め込む目立たない補強方法

壁掛け金具は、内装下地(間柱やスタッド)へ固定いたしますが、更に補強合板で石膏ボードを挟み込み、石膏ボードへも荷重を分散させ最大限の強度にて壁掛け可能です。

『左右上下角度可動タイプの壁掛け金具』をご希望の場合は補強が必要になります。

曲げ合板による壁面補強方法です、石膏ボードの中に12mm合板を仕込みます。

曲げベニヤによる壁面補強方法

曲げ合板を挿入する為に石膏ボードを開口、挿入いたします。

施行事例

ライフプラスでの施工事例にて補強合板の挿入方法をご紹介いたします。

壁面補強作業の写真

マンション隣接世帯側の壁にて、合板を壁の中へ挿入する為の開口です。

補強合板の壁への挿入写真

石膏ボードの開口部へ補強合板の挿入完了の写真です。

石膏ボードを元に戻す作業

開口した石膏ボードを開口部へ戻し、隙間をパテにて埋め固めます。

補強壁パテにて隙間埋める作業の写真

剥がした壁紙も元に戻します。

壁補強後の補修作業

壁紙用ののりにて張り戻します。

壁補強後の補修

カット部分を合わせて余ったのりを拭き取ります。

補強後の補修作業

壁紙の種類によってカット部分が目立つ場合もございます。

補強後壁紙補修作業

石膏ボードと壁紙を元に戻して補強の完了といたします。

石膏ボードの上から合板を設置する補強方法

壁面補強方法

石膏ボードの上から合板を取り付けます。

補強方法

12mmの合板を柱と間柱3本へ固定します。

壁掛けテレビ補強合板クロス仕上げ

クロスにて仕上げます。