壁掛けテレビをご検討中の方へ

テレビを壁掛けにする際の疑問を解決していきましょう。

昨今多くのお客様から壁掛けテレビについてのご質問  お問い合わせをいただいております、できる限りお客様の疑問がスッキリ解決出来ればと思い、今回その内容をご紹介させていただきます。

~ご質問内容~

 

 

 

 

壁に10kg〜20kg以上もあるテレビを壁に取り付ける事は出来るのか?

・現在多く壁掛けさせていただいてるテレビの大きさは55型〜65型です、重としては15kg〜28kg程度で以前よりは大分軽くなってきました、

・在来工法の一戸建て住宅に関しましては、ほぼ全ての壁に壁掛けが可能です。     木造一戸建て住宅では、壁の中に柱と間柱が45cm間隔で縦に必ず配置されておりますので(建築基準法にて)、壁掛け金具の横幅が45cm以上であれば2本の柱と間柱へ確実にビス固定が可能な為です。 

ビスによって前後いたしますが、2本の柱と間柱へ固定する事で40KGのテレビでも問題なく壁掛け可能です

柱と間柱の写真

 

一戸建て住宅外壁側の写真です。

間柱と柱が45cm間隔で交互に配置されております。

・マンションの壁については壁の中が軽量鉄骨(LGS工法)の内装下地であれば壁掛けテレビは可能です。30cm間隔で縦に軽量鉄骨が配置されております。

・軽量鉄骨の調べ方としてはネオジウムまたは強力な磁石が壁紙の上からでも反応いたします。

・木材とは違いますのでビスではなく、専用のアンカーにて設置いたします。

・昨今の新しいタワーマンションでは隣接する世帯側の壁が『耐火防音の壁』でこちらの壁は『穴を空ける等一切禁止の壁』となりますので壁掛けテレビは出来かねます。こちらの壁は必ず住宅メーカーからの案内がございますのでわかるかと思います。

軽量鉄骨の配置写真

築10年以上のマンションでは、『隣接する世帯側の壁』『外壁側の壁』への壁掛けテレビは出来かねます。『間仕切り壁』または 『リフォーム済みで補強された壁』であれば問題なく壁掛け可能です。

・下記の写真は築10年以上のマンション外壁側または隣接する世帯側の壁で『GL工法の壁』となります。コンクリート(共用部分)への穴開けが必要となりますので、管理組合の許可が必要です。

GL工法壁

 

補強していない壁でも壁掛け出来るの?

・木造住宅やマンションの壁では『角度固定タイプ』または『上下のみ角度可動タイプ』の壁掛け金具であれば補強の必要はございません

『左右角度可動タイプ』の壁掛け金具での設置であれば補強は必要になります。補強方法は合板を壁の中に挿入する、または石膏ボードの上から貼り付ける方法がございます。石膏ボードの上から貼り付ける方法では白の壁紙を貼り付けいたします。

補強合板を石膏ボードの上から貼り付ける方法の写真

石膏ボードの上から補強合板を貼り付ける補強方法

補強合板は石膏ボードの中に挿入しております写真

補強合板は石膏ボードの中に挿入しております

 

 

 

コンクリート壁でも壁掛けテレビは可能です。

・集合住宅のコンクリート壁は共用部分となりますので、管理組合の許可が必要になります。作業中はドリルの振動音が隣接する世帯や上下階にも響きますので、予め周知のほうもお願いしております。

コンクリートアンカー施工の写真

<top>

 

壁掛けテレビでの隠蔽配線をご紹介いたします。

壁掛けテレビをされるお客様の9割は配線を隠すことをご希望されます。壁が石膏ボードであれば隠蔽配線も可能ですが、既存のコンセントの位置によってモールでの配線処理が必要になります。施工事例として図面と合わせていくつかご紹介いたしますので、ご確認いただければと思います。

壁掛けテレビ設置前の壁

窓の下に壁掛けテレビを設置いたします。既存のコンセントは同じ壁面の右下にあります。

55x8400壁掛けテレビの写真

壁掛けテレビ設置後です。テレビ背面にコンセントとアンテナを移設しましたので、配線は見えません。床側に一部モール配線処理しております。

隠蔽配線図面

壁掛けテレビの図面となります。テレビ背面のコンセントとモール配線処理の位置もわかりやすいかと思います。

 


 

 

設置前です。既存のコンセントは壁掛けテレビの真下にあります既存のコンセントが壁掛けテレビの真下辺りにあります

壁掛けテレビ設置後の写真床側にローボードを置いてレコーダーを設置しております。

壁掛けテレビ隠蔽配線の図面

 

 

 

<top>