コンテンツ

壁掛け金具の種類

 

角度固定タイプ

 角度固定金具

メリット

壁からテレビ背面まで23mm

壁に寄せて設置したい場合はこちらの金具がおすすめ。

デメリット

テレビ背面にあるケーブルの抜き差しが困難になります。
頻繁に抜き差ししたい場合は上下角度可動タイプをおすすめします。       

 

施工例はこちら 

イメージ写真はこちら

 


 

 

上下角度可動タイプ

上下角度可動 金具

メリット

テレビ背面の抜き差しが角度固定タイプより簡単に出来る

寝室または店舗など、高い位置に設置した場合は下向きに15°可動出来るので
下から見やすい角度での設置が可能です。

デメリット

テレビ背面から壁まで65mm、固定タイプより広くなります。

横から見るとテレビ背面と壁との隙間が見える。配線が多い場合は配線もよく見えます。

 

施工例はこちら

イメージ写真はこちら

 

 

 

左右上下可動タイプ

左右上下角度可動タイプ

 

メリット

左右45°上下15°の角度調整が可能
 

デメリット

テレビの重量制限が25kgまでの制限があります。

テレビの重量25kg以上の場合は壁面補強が必要になります。

 

施工事例

イメージ写真はこちら

 

 

 

上下左右可動コーナーアームタイプ

コーナー壁掛け金具

メリット

アーム金具で設置壁から直角へ角度調整が可能、可動域が大きい。

コーナーにも設置可能。

 

デメリット

12mm以上の補強合板が必要になります補強合板は埋め込み設置も可能です

 

施工例

 

TOP